11月14日のあいねさんでの「つきいちcafe」は無事に終了いたしました。

最初の自己紹介で、
みなさんのんびりが大好きな人たちと判明。
なので、とってもゆっくりおだやかに
布ナプキンのことや月経のことを話せました。

布ナプキンを使用しはじめて
そんなに回数が多くないみなさんでしたが、
既に、「月経が楽しみ」とのご発言が多く、びっくりしました。

次回の「つきいちcafe」は、
日時:11月29日(日)19:00〜20:30
場所:コモンカフェ
会費:無料(ワンドリンクご注文ください)
お問合せ:info@tipua.jp

「つきいちcafe」とは、
みんなで月経について、考えよう×語ろう×楽しもう、という場です。
布ナプキンユーザーさんはもちろん、
これから布ナプキンを使ってみようと思っている方も、
月経について話してみたいという方も、
どうぞお気軽にお越しください。
もちろん、男性のご参加も大歓迎ですよ!
25日の日曜日、いのちはめぐるが無事に開催することができました。
心配した空模様も、なんとか雨も降らずです。
お越しくださいましたみなさま、ありがとうございました!

今回は、自転車発電体験やハイムーンさんのエコ漫画展、
ベリーダンスのワークショップなどもあり、盛りだくさんでした。



写真は、自転車発電の様子。
自転車をこいで、発電し、CDを鳴らす。
これが、実は体力勝負。
なかなか1曲を最後まで聞くことができません。

ベリーダンサーのみなさんが、応援をかねて踊ってくれるのですが
やっぱり、ダメ〜。

でも、面白かった!!
電気を作ること、使うことについて、考えさせられますね。

週末は、大阪・北加賀谷にある名村造船跡地での音楽イベント
夏音アート2009に出店しました。

1日目の土曜日は土砂降りの雨となりましたが、
2日目の日曜日は、秋晴れのいいお天気のなかでの開催。

谷川賢作さんのピアノと詩は、やっぱり素敵でした!
tipuaは、布ナプを並べてはいましたが、
もっぱら他の出店者さんとおしゃべりしたり、
クラルテの人形劇を見たりと、イベントを楽しんでおりました。

さて、引き続き布ナプキン・フェスタのご報告です。
布ナプキン・フェスタの終了後の8/8の午後6時から
メーカーがパネラーとなり、
モモニコの店主ミヤギさんのファシリテーションのもとで、
布ナプキン・フォーラムが開催されました。

日曜日の夜ということもあり、
ご来場者は11名と少なめでしたが、
ご来場者のみなさんはコアな布ナプユーザーさんが多く、積極的な発言があり、
濃密なフォーラムとなりました。

布ナプ老舗のアルテミス、中野さんが
生物多様性になぞらえて、
「今年は、布ナプ多様性の元年ですね」とおっしゃいました。

まさに、布ナプキンメーカーは、それぞれが想いを持って
布ナプキンを製造し、ユーザーさんへお届しているのだなと
お話をお伺いして思いました。

また、布ナプキンを店頭販売されているモモニコさんは
布ナプキンはエコだからと買いに来る人は少ない。
でも、結局エコにつながっているところがいいと。
そして、布ナプキンの使用にあたってのマナーも
きちんと検討していく必要を訴えられました。

そして、スリランカで布ナプキンを製造されているヤスミンの岡部さんからは、
スリランカでは月経のことを人前で話すことは失礼なのだそうです。
意識改革からはじめなくてはと実感されていました。

でも、日本でも、もっと意識を変えていく必要がありますよね。
私は、そのきっかけのひとつが布ナプキンだと思います。

8月8日、9日に東京北千住で開催されました
布ナプキンフェスタは、無事に終了することができました。
お越しくださいましたみなさま、ありがとうございました。

私は、8日の始発の新幹線で大阪を出発し、
9日の最終間際の新幹線で戻ってきました。
なので今回は、下町の北千住、しかも、会場のモモニコさんのみ。
ゆっくりおこしくださったお客さまやメーカー同士でお話しでき、
布ナプキン談義に花が咲きました。
みなさんとお友だちになったような気がします。

めったに東京には行かないtipuaですが、
布ナプキンって、こうやってみなさんとコミュニケーションをとりながら
買っていただいたり、作ったりするものだな〜と実感しています。

最終日には、小規模でしたがフォーラムも開催されました。
この内容は、また次回・・・。



昨日、つきいちcafe@beyer「布ナプキンユーザーの声を聞いてみよう!」を
無事に開催することができました。
お越し下さいましたみなさん、ありがとうございました。

布ナプユーザーさんお二人(私を入れれば3人)と、
そんなお二人のお話に興味いっぱいでおこしくださった、
これから布ナプデビューという方1名で、
こじんまりと、でも大盛り上がりでした。

初めて買った布ナプの説明書に
「月経血は有機物」とあって、目からウロコが落ちて
すぐに使ってみたというユーザーさん。
そして、月経血に対する嫌悪感がなくなったことから、
月経自体への嫌悪感がなくなって、
まわりの人にも話をするようになったと。
でも、友人たちの中にも、布ナプキンを使用するのに
大きな壁のある人が半分以上いらっしゃるのだとか。

つきいちcafeは、毎月1度、
関西を中心に、月経にまつわるあれこれをおしゃべりする会です。
来月は、8月29日(土)午後3時〜4時30分@ビューティーバーさんです。
参加費無料です(ワンドリンクのご注文、お願いします)。
お気軽にご参加ください。
  詳細は、またあらためて・・・。

6月26日に開催いたしました、
tipuaの布ナプキン講座:つきいちcafe@さいりん館は、
無事に終了しました。
お越しくださいましたみなさま、ありがとうございます。

5月にオープンしたばかりの さいりん館は、
京町家らしく中庭があり、風が通り抜け気持ちいい空間でした。

特に話題になったのが、
「知人宅では、生理用品をサニタリーボックスに捨てずに持ち帰ります。」
ご参加のみなさん全員が、そうおっしゃいました。
はずかしいというよりマナーとして。
そんなお話が進むなかで、娘さんをお持ちのお母さんが
「娘には、そんなこと教えてないわ〜」
でも、ご参加のみなさんは、誰かに教えられたわけではないのにやっている。
そして、
「自分でだしたものだから、自分でちゃんと処理したい」と。

みんなで、こんなことをあ〜だこ〜だとお話するのって、
面白いですね!

次回の「つきいちcafe」は、
7月23日18:30〜 beyer(大阪市天王寺区玉造本町14-25)
  詳細は、またあらためて・・・

ブログではご案内していなかったのですが、
4月11日(土)に、京都にある洋古書店green e booksさんで
布ナプキン入門講座を開催しました。

ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございます。

布ナプキンデビューを最近されたという参加者の方が、
「布ナプキンを洗うとき、自分の月経血に対して、
ご苦労様って感じます。」
と、お話くださいました。

他の参加者の方には、驚きの感覚だったようです。
私は、まだこんな風に思えませんが・・・、
というか、いい加減な洗い方をしているからかな〜。

tipuaの講座は、
ご参加くださったみなさんのお話をお伺いできるようにしています。
女性にとって、月経のことは他人事ではないので
初対面なのに、面白いお話や興味深いお話をしてくださる方が多いのです。

2月17日に、フェアトレード&エコハウスあいねさんで、
「もっと知りたい布ナプキン」ワークショップを開催しました。
お越しくださいましたみなさま、ありがとうございました。

今回は、小さなお子さまのいらっしゃるママさんたちにご参加いただきやすいように
平日の午前中に開催しました。

布ナプキンをこれから使おうとしているみなさんと、
布ナプキンが大好きなみなさんとで、
質問や感想などを、いろいろたくさんおしゃべりしました。

私が、特に印象的だったお話は、
3年ほど前に布ナプキンを試みようと思った時、
おばあさんに洗濯方法についてご相談されたら、
「アルカリのものなら落ちるよ〜」と、さっと答えてくれたというエピソード。
まさに、おばあちゃんの知恵袋です。

本来なら、そうやって月経の手当の方法も伝えられてきたハズ。
それが、今では、学校で習って、テレビCMで製品の知識を得る現状。
これじゃ〜、やっぱり月経って困りもの・・・ってイメージになっちゃうな。

1時間の予定だったのですが、
ご参加のみなさんは、すっかり仲良くなって、
ハーブティーとパンで、おしゃべりしながら楽しい昼食となりました。

2月2日に開催しましたワークシップここちいい×サスティナビリティ×フェアは、
多くのみなさまご参加のもと無事に終了いたしました。
お越しくださいましたみなさま、ありがとうございました。

布ナプキンをテーマにしていましたが、
結局は「月経」って、社会の中でどう受けとめられているのか、という話題。

club tipuaでは、昨年の夏以来小さなワークショップを開催してきました。
布ナプキンのオススメ点や、使い方はもちろんですが、
生理用品の歴史や、月経観についてもテーマにしてきました。

そして「月経」について語り合うチャンスがないことが問題かも・・・と気づきました。
私たち女性だけでなく、男性も一緒に巻き込んじゃおう!
そしたら、家で布ナプキンをお洗濯したり干したりする時も
どうどうと、普通のこととしてできるようになる。

それじゃあ、これからどうしていこうか?
「月一カフェ」みたいなのを開催して、
月経のことや、カラダのことなんかを自由に語ろうか・・・。

みなさんの知恵がいっぱい、いっぱい出てきました。

予定時刻をオーバーしての終了でしたが、
まだまだ話し足りない・・・ということで、近くのカフェに席を移して
夜がさらに更けていきました。



これからのclub tipuaをお楽しみに!