tipuaの布でできたナプキンに使っているスナップは、商品名を「ルナメッキ」と言います。
これは、金属アレルギーの方へ配慮したもので、ニッケルを使用せずに(ニッケルフリー)つくられているスナップです。

そもそも金属アレルギーって?
人によってアレルギー反応を起こす金属は違いますが、なかでもニッケルによりアレルギーが最も多いようです。花粉症などと同じで、ある日突然金属アレルギーになる可能性もあります。
なので、肌のデリケートな部分に使う布ナプだからこそ、なるべくさまざまなトラブルを誘発しにくいように、ニッケルフリーのスナップにしました。
けっして金属アレルギーの心配はありませんとは言いきれません。でも、今の時点で手に入れることができるスナップの中で、最善のものを選びました。

いつもお世話になっている「いるふ。」さん。
大阪の西天満にある、ナチュラル雑貨や食品を扱っておられる素敵なお店です。
その「いるふ。」さんで、4/29、30日に「エコナプキンの会」というワークショップが企画されています。おしゃべりしながら、お茶をいただきながら、ちくちく手縫いでオリジナルの布ナプキンを手作りしましょうという内容。
この両日は、その他に「はじめての糸紡ぎ」というワークショップもあわせて開催とのことです。

ご興味のある方は、「いるふ。」(tel&fax:06-6362-2517)さんへ直接お問い合わせを!
いよいよtipuaの布でできたナプキンが完成間じかとなってきました。
大別して2種類を予定しています。
一つはオーガニックコットン100%のもの。
もう一つは、天然由来の機能性素材を使ったもの。
まずは、第一弾の先行発売はオーガニックコットンシリーズ。
で、今日はそのオーガニックコットンについて少しご説明します。

「オーガニック」とは、2001年4月に施行された通称「有機JAS法」に、「三年間以上の農薬、化学肥料の不使用と、堆肥等による有機質肥料の使用」とあります。
コットンつまり綿は、最も大量の農薬を使用して栽培されている作物です。しかも、日本で流通しているものの大部分が海外で栽培されたものです。大量の農薬の使用は、その栽培農家の人々の健康被害はもちろんのこと、農地への負荷も大きく環境破壊につながります。
また、オーガニックコットンの風合いは、他のコットンと比べると格段によく、お肌の弱い方にも安心してお使いいただけるのではないでしょうか。

tipuaの布ナプキンは、第三者機関の認定を受けたオーガニックコットンを
100%使用し、日本オーガニックコットン流通機構(NOC)のエコ基準を厳密に守ったものです。もちろん、縫い糸までオーガニックコットンを使用しました。
かわいいtipuaの織りネームは染料でプリントされているため、このオーガニックコットンシリーズには付けることをあきらめました。

お肌のトラブルが少ない方も、使い捨てないで繰り返し使えるエコな布ナプキンだからこそ、オーガニックコットンにこだわってみてはいかがでしょうか。

桜のピークを迎え、暑さをも少し感じる様になると、
やはりタヒチのブルーとゆっくり流れる時間が、恋しく
なってしまいます。これは、ランギロア島にあるティプタ村
の象徴的な樹なのですが、地元タヒチアンが日がな一日おしゃべり
したりボーっとしてゆっくり流れる時間を味あう所なんです。
あ〜また行きたくなってきたよ!!