今回の旅は、友達の家に居候させてもらいました。
どうなるか分からなかったので、使い捨ての紙のナプキンとtipuaの布ナプキンの両方を持っていきました。
結局、はじめの2日は紙のナプキンを使うことに。
随分久しぶりで使ってみると・・・何これ!むれるし肌触りの悪いことといったら・・・。
市販の物の中でも、肌触りの良さそうなものを選んだつもりなのに。
布ナプキンに替えたときは、ホッとしました。
ホントに布ナプキンの快適さを再認識しました。

ところで、トルコではエアコンはあまり普及していません。
暑いときは、風にあたる。
といっても日本と違って、カラッとしているので日陰に入ると涼しいです。

tipuaをあつめて写真撮影・・・。

これからの夏にむけての柄ものの生地を新たに入手しました。
もうちょっとバリエーションが欲しいな〜と思っていたものですから。
さわやかなストライプとかも・・・。
いつになることやらですが、そのうち新作発表しますね。

私がはじめて手にした布ナプは、無漂白ネルでできたハンカチタイプのものでした。
ネルの保水力ってすごいな〜と思いました。
でも、ハンカチタイプはずれたりモコモコするのがね・・・。
それで、とにかくスナップつきのスリムなものが欲しかったのです。

布ナプをはじめて試そうとお考えの方には、この無漂白ネルが私のお勧めです。
サイズ明細のご案内が、すっかり抜け落ちていました。
すみません。


オーガニックシリーズのレギュラーは
 長さが約23cm
 幅は、羽根の付け根で約7,3cm、おしりの最大幅で約13cm
 パットは、長さ19cm、幅5cm
オーガニックシリーズのナイトは
 長さが約35cm
幅は、羽根の付け根で約7,3cm、おしりの最大幅で約13cm
パットは、長さ28cm、幅5cm


ナチュラルシリーズは、
 長さが23,5cm
 幅は、羽根が開いている時の最大幅が約17,5cm、
 ホックを1つ目でとめた時は約7,5cm
ホックを2つ目でとめた時は約7,5cm
 パットは、長さ19cm、幅5cm

ナチュラルシリーズのナイトサイズは現在のところ、作っておりません。

オーガニックシリーズ、ナチュラルシリーズ共に、レギュラーサイズのパットは同じサイズです。


クオリティーは
 *オーガニックシリーズは生地、糸ともにオーガニックコットン100%
 *無漂白ネルは、生地は綿100%、糸はポリエステル100%
 *クラビオンは、肌面素材がクラビオン2%、綿98%
             表素材はボーダー以外は綿100%
                 ボーダーは綿85%、麻15%
             防水シートはポリエステルにポリウレタン加工
             糸はポリエステル100%
 *備長炭繊維は、肌面素材がビスコレーヨン15%、綿85%
         表素材と糸は、クラビオンと同じです。

その他、ご不明な点はinfo@tipua.jpまでお気軽にお問い合わせください。
  
 


布ナプキンをすでにご愛用の皆さん、
お手入れはどうされていますか?

私は、バケツに水とアルカリウォシュをちょっぴり入れて、ティーツリーを1滴ほど混ぜます。余談ですが、このティーツリーは花粉症にきくと聞いて買ったものの残り物・・・。
で、その中に使った布ナプを一晩つけ置きます。
翌朝、残ったシミをちょっとだけ洗面所でゴシゴシ。
あとは、他の下着やシャツなどと一緒に洗濯機でグルグルッ。
干し場の中の太陽の光が一番よくあたる場所で、天日干しにしています。

今回、tipuaの布ナプを作るにあたって、お洗濯もいろいろ試してみました。
その結果、やめた方がいいのが乾燥機。なんだかクチャクチャって感じになってしまいました。特に防水シートを入れたものは、絶対に乾燥機は避けてくださいね。


この肌面のグレーの生地には、紀州備長炭が練りこまれています。
紀州備長炭は、和歌山県南部の気候・風土の中で育ったウバメガシを材料としています。その備長炭を細かく粉砕し、天然素材である木材パルプのビスコレーヨンに練りこみ繊維にしたものです。
紀州備長炭といえば、遠赤外線効果で冬は暖かく、放射効果で夏はサラサラ。さらに、天然の防臭効果でいつでも快適です。
また、この備長炭シリーズには中に防水シートを縫いこみました。

tipuaの布でできたナプキンでお求め頂けます。

tipuaナチュラルシリーズは、パタパタたたむとかわいい四角になります。
持ち歩きやすいポーチを考えようかな〜。
何かすてきな案をお持ちの方、ご提案くださいね。

縁は、オーガニックの糸を使用してオーバーロックミシンでかがっています。
オーガニックの糸は、通常のミシン糸に比べると強度がおちますが、やはりオーガニックを使いたかったのです。そのため、できる限りミシン目を細かくしました。
tipuaの布でできたナプキンに使っているスナップは、商品名を「ルナメッキ」と言います。
これは、金属アレルギーの方へ配慮したもので、ニッケルを使用せずに(ニッケルフリー)つくられているスナップです。

そもそも金属アレルギーって?
人によってアレルギー反応を起こす金属は違いますが、なかでもニッケルによりアレルギーが最も多いようです。花粉症などと同じで、ある日突然金属アレルギーになる可能性もあります。
なので、肌のデリケートな部分に使う布ナプだからこそ、なるべくさまざまなトラブルを誘発しにくいように、ニッケルフリーのスナップにしました。
けっして金属アレルギーの心配はありませんとは言いきれません。でも、今の時点で手に入れることができるスナップの中で、最善のものを選びました。

いつもお世話になっている「いるふ。」さん。
大阪の西天満にある、ナチュラル雑貨や食品を扱っておられる素敵なお店です。
その「いるふ。」さんで、4/29、30日に「エコナプキンの会」というワークショップが企画されています。おしゃべりしながら、お茶をいただきながら、ちくちく手縫いでオリジナルの布ナプキンを手作りしましょうという内容。
この両日は、その他に「はじめての糸紡ぎ」というワークショップもあわせて開催とのことです。

ご興味のある方は、「いるふ。」(tel&fax:06-6362-2517)さんへ直接お問い合わせを!