あけまして、おめでとうございます!

いつもブログをご覧くださいまして、ありがとうございます。
今年も、のんびり更新してまいりますので、
おつきあいの程よろしくお願いします。

さてさて、新年にぴったりのコラムが、熊本にあるちゃぶ台さんののりさんから届きました。
久しぶりの「ちゃぶ台」通信です。

・・・・・・・・・・

〜痛みをとる方法〜


人から借りたモノだと大事にするのに、
自分のモノだと適当に扱ったりすることがあると思います。
自分の雑誌は折り目つけても平気だけど、
友達から借りた雑誌はキレイに読む。

同じように連れ合いや子供には体を大事にして欲しいけど、
自分の体だと、暴飲暴食しちゃうし、
無理して働いてしまったりすることってありますよね?

もっと重いパターンだと、リストカットとか、売春とかもそうかな?
自分のモノ(体)は自分で好きにしていい。という考え。

それは体を完全に「自分のモノ」だと思っているからかなぁと思います。

自分のモノ・・・確かに、自分の体は他の誰のものでもありません。
かといって、自分で完全にコントロールできるものでもありません。

心臓も肺も肝臓もすい臓も、脳の機能もその他全て年中無休
私が「動かそう」と思って動いてるわけではないとこが、 ありがたいとこです。
うっかりな私が動かしてたら、間違いなく動かし忘れることがありますね(笑)

何かの本で読みました。
「まぁ神様からお借りしたボディスーツくらいに思うと大事にできるかも」

新年なので、自分の体を擬人化して、
あちこち撫でながらお礼を言ってみるのもいいかもしれません。

ちょっとブキミなのでお風呂でこっそりやるのをオススメします。

「目、いつもありがとう。あなたのお陰で仕事ができるし、 キレイな風景が見えるよ。テレビも見れるし本も読める。 大事な家族や友達の表情もみれる。何を考えているか思いやることができる。 暗いとこで本読んだりして酷使してごめんね」

「鼻もありがとう。いつもありがとう。おかげで腐ったものを食べずにすむよ。ご飯が美味しいのは嗅覚のおかげ。ばい菌を排除してくれてありがとう。鼻水でいらないものを出して守ってくれてありがとう」

こんな調子で色々やると何だかとても幸せな気持ちになれるというものです。
ホントに。大体、最後らへんにはウルウルしてきます。

体に痛みのある人や病気の人がやると、痛みが軽くなったり、
病気が治癒したりする例もあるそうな。
患部に感謝して、無理させたこと謝って、
どうしてほしいかその痛みに教えてもらう。

そして他の場所が痛くないことに気付けてそれにも感謝できるのだそう。 
当たり前のようにお借りしてるスーツ。
たまにはお礼を言ってメンテナンスしてみてはいかがでしょうか。
ポイントは「もし○○(例・目)がなかったら?」と仮定することです。
そしたらいっぱい出てきまよ

 
新年。いつも一緒の自分の体に感謝。
みなさんにとってもスーツと仲良く過ごせる
素晴らしい年となりますように。
 
・・・・・・・・・・・

ね〜、素敵なコラムですよね!
早速カラダにありがとうって言ってみよう!
そして、のりさん、ご紹介ありがとう!
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL