【tipua talk file.4 Chikako Takemoto さん】
布ナプキンをご愛用の女性たちにお話をお伺いするtipua talk 4人目のゲストは、京都でcafe c.coquetを経営されているChikako Takemotoさん。



Chikako Takemotoさんのプロフィール
東京で約10年、JALのキャビンアテンダントとして空を飛び、
気がつくと大好きな京都に着陸していました。
空の生活もかなりハード。
一つのところで日々暮らせる安心さを今味わっています!

京都御所のお隣でcafe c.coquet(カフェ・シーコケット)を経営。
外国人観光客向けの京都案内月刊誌「journal Kyoto 」を編集、発行。
現在、3歳の息子の母親。

cafe c.coquet(カフェ・シーコケット)さんについては、
http://www.cafe-ccoquet.com/index.html

1.布ナプキンをご使用のきっかけは?
オーガニック製品を扱う雑貨店で目にして、
「可愛い〜、これ、何の布?」と思ったのがきっかけです。
生理に量等では別に悩みはなかったので、すんなり使ってみよう、という気になりました。
環境問題にはもともと関心が強く、自分で出来る事はいろいろしたい、と思っていたので、とてもすんなりと!

2.ご使用になられてのご感想は?
【tipua ナチュラルシリーズ クラビオンコットン 使用】
やはり最初は一番薄くて小さいものからトライ!
生理の後半と、間のおりもの用に。
何の問題もなし!洗うのも負担は無し。
お洗濯して干してある光景も可愛い!
やっぱりおしゃれな柄で作ってあるものはいいですね!楽しいです。
tipuaさんからは防水シート入りのクラビオンコットン、レギュラーサイズを頂きましたが、やはり一日目、二日目は避けて、三日目から使用。
もれたりすることは全然無くてなかなか頼りになります。
とにかく布ナプキンの魅力は、着け心地。
フワッとしてごわごわ感が無くてなんとも気持ちよい!
ただ、忙しく働いてる身だと(それも職場、出先で)、一日の使用済みをずっと持ってることになります。
私は夜お風呂に入った時に軽く洗って、その後洗濯機に放り込むのですが、その頃には血が固まったりしてるので、その辺りをどう解消するか、かな。。
まーそれでも結果ちゃんと落ちてますけどね、そこまで負担はありませんが。

3.布ナプキンをご使用になって、変化したことは?
特にまだないですね。
あ、ゴミは確実に減ったかな!

4.生理やナプキンに対する悩みは?
特にありません。

5.あればいいな!と思う布ナプキンは?
クールな和柄!、かな!?
外国人にも良い?かもね。お土産にもなる!

6.みなさんへのメッセージをお願いします。
布ナプキン推進派ですね、私は。
使い分けたら良い、と思う。
自分の体質、仕事、好み、などに合わせて。
それだけでもゴミは減りますよ!
私は3才の息子がいるのですが、干してある布ナプキンを見て、
「ママ、あれ可愛いね〜」と言われ笑ってしまいました。
長く続けてると、生理痛がなくなったり、コンディションが良くなったり、と聞くけど、実感してみたいなぁ。



cafe c.coquet(シーコケット)さんのご紹介をお願いします。
京都御所の東横で、シーコケットというカフェを経営しています。
御所横なので、シーズンは観光客の方で賑わいます。
うちの店の特徴は外国人の方が多い事。
マックを3台置いていて利用無料な事と、無線LAN完備だから、でしょうか。
京都人ではない私が自分の意志で大好きな京都に来たのには何か訳がある!
大好きな京都を外国人に紹介する。
文化の交流、ゆくゆくは、世界平和、かな!
ってことで、外国人観光客向けの京都案内月刊誌「journal Kyoto 」も編集、発行しています。
フランス語レッスンなんかもやってます、ライブもね。
季節が良くなったらお店に遊びに来て下さいね!!


コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL