エコショップ「ちゃぶ台」さんの通信より転用ののりさんのコラムです。
前回の月経血コントロールのお話の続きなので、早速ご紹介します。

・・・・・・・・・・・のりさんのコラム・・・・・・・・・・

昔の女性はできていた―月経血コントロール・実践編―

次回に引き続きびっくり仰天、月経血コントロールのお話です。
 
ちなみに月経血コントールとは・・・
生理の血を無意識にだらだらとナプキンに吸収させるのではなく、
トイレ以外では子宮底筋で止めておいてトイレに行った時に意識的に排出する、
というものです

今回は私が旅で出会った人(以下Sさん)に教えてもらった、その実践の方法をご紹介。

ステップ1
生理がきたら何気なく無意識に過ごすのではなく、「自分は今生理中」と意識すること。
教えてくれたSさん曰く、
「私の場合は子宮のあたりが重くなるから、それをしっかり感じるようにする」
とのことです。

ステップ2
そして次月に生理が来た時、通常よりもまめにトイレに行って、
意識的に排出するよう努めること。(目安として1時間半に1回位) 
止めるよりも、排出することを意識するといいのだとか。

以上なんだそうです。

その次からは普通に止めておけるようなり、
経血が溜まってきたら子宮から「溜まってきましたよー」とお知らせがくる(!)ので、
後はトイレに行くだけとのこと。

Sさんはそうやってずっと2年間コントロールできているそうです。
え?これだけ?って感じですが、私がSさんから聞いた話ではこれだけとのこと。

人によってすぐできる人と、できない人がいるそうですが・・・。
他にはコントロールに必要な子宮底筋を鍛えようと思うなら、
8の字ダンス(腰を8の字に振る)や雑巾を使っての床拭き、トイレ掃除など、しゃがむ動作が有効だと思われます。
これらの動作は安産の為にも良いそうです。
「トイレ掃除をすると可愛い子が生まれる」なんて言い伝えは、こういう裏づけがあったんですね〜。
ちなみにコントロールは元々できる人もいます。
コントロール法の話を聞いた時、50人中3人位の人が出来ると答えてました。
できる人は他の人がコントロールできない事を知らなかったりして・・・
ナプキンのCM見ながら、
「漏れるだのなんだの、なんであんな大きなサイズとか必要なのかしら?」と不思議に思っていたそうです・・・。

コントロール法が出来るようになると、ナプキンの使用量が格段に減りますし、
おりものシートだけで済ますということも可能だそう!! 

洗うのが面倒だという理由で布ナプキン使用をためらっていた人も
コントロール法ができると布ナプキンにもトライしやすくなるでしょうね。
自分の体ってこんなすごいことができるんですねぇ。

ほんとに興味深い、目からウロコのコントロール法。
お金もかかりませんし(笑)試してみてはいかがでしょうか?

・・・・・・・・・・のりさんのコラム終わり・・・・・・・・・・

このコラムを書いたあとで、のりさんは2冊の本の存在を知り
以下のようなことを言ってますので、引き続きご紹介します。

・・・・・・・・・・のりさんのお話・・・・・・・・・・

あぁ なんて気軽な感じで書いてしまったのでしょう・・・
三砂ちづるさんの本「昔の女性はできていた」
そして、運動科学研究所の高岡英夫さんとの共著「女は毎月生まれかわる」
2冊読んでみて以上の記事だけではだめだと知りました。
っていうか、書く前にちゃんと読みなさいよって感じですが・・

コレによると、
ただ膣工口を閉めるだけというのは絶対ダメとのこと。
ガーン
今の女性はほとんどの人が体の中、つまり内臓は緊張してこわばっていて、
膣口、肛門、尿道といったあたりの骨盤底筋はゆるんでしまっている。
それが月経血コントロールができな理由であり若年層の尿漏れ激増の原因だと。

対して昔の(今の95歳以上)女性達の体は子宮底筋は締まっていてされど体内はゆるんでいる状態なんだそうです

そう、現代の私達は臓器までこっていると!?
100年くらい前の暮らしと比べたら、一日中机に座りっぱなしで
デスクワークとか、家事は家電がやってくれるし、自分で食べるものは農作業しなくてもスーパーで買えるし・・・ 
ってな感じでカチコチなんですねぇ。

体動かさないものだから、肩も首もこるし、目は疲れるし、内臓もにぶくなり便秘の人多い。
当然子宮もコルそうで。
三砂さんたちによれば、だから生理痛がひどかったり、生理もスムーズに終わらなくて一週間もダラダラ続いたり、
なんだそうです。
今まで内臓がコルなんてイメージなかったけど、
子宮も固くなったりしそうだなぁ ふーむ。

そういえばコントロール教えてくれたSさんって、
小柄だけど、体柔らかそうだし、何かスポーツしてたって言ってたような・・・。
やっぱり只者じゃなかったんですね・・・。
 
そしてなんで体内がゆるんでいないとダメなのか??
なんでも子宮がゆるんでいないと、月経血をためておく事ができないそうなんです。
だから、いきなり体内固まってる現代人の私達が急に膣口だけ締めると、全身緊張状態になってしまうばかりか、
ためておくスペースがないのでコントロールは難しいとのこと。
そこでコントロールの為にはどうしたらいいか?

この本で紹介してあったのはまずは体の凝りをとる、
「ゆる体操」なるものを強くオススメしてありました。
興味ある人は本見てみてくださいね〜
私は3日前くらいから早速試してみてます。

私がこの体操を続けられるのか??
半年後位に「できましたー」って報告できるといいなぁ・・・

・・・・・・・・・・





コメント
スポーツ中、しかもハードとなると、
私は、これまでの事例や体験談を知らないのです。
ごめんなさいね、お役に立てなくて。
  • by tipua
  • 2010/10/04 9:50 AM
スポーツをしていて
毎日ハードな練習メニューです。
運動している最中も
止めることができますか?
  • by 
  • 2010/09/29 9:58 PM
身体的に問題がなくて多いのであれば、
努力すれば、ある程度できるようになるのではないでしょうか。
まずは、参考になるような本も出版されているので
お試しになってみてはいかがでしょうか?
  • by tipua
  • 2010/09/27 8:04 PM
月経血が多い人にもできますか?
  • by 
  • 2010/09/26 1:47 PM
このコラムは、友人である筆者からご快諾をいただき
掲載しております。
また、「ちゃぶ台」さんのご了承もいただいております。

このページのみをご覧のみなさまには、
詳細や経緯がご不明である点、お詫び申し上げます。
  • by tipua
  • 2010/05/29 9:22 AM
抜粋、ダメって本に書いてありますよ。知らないのならまだしも本を読んだのなら記載しないで。著作権。
  • by その記述は
  • 2010/05/29 1:27 AM
ぶぅchanさん、コメントありがとうございます。

布ナプキンや月経についてお話をする
「つきいちcafe」を開催していると、
布ナプキンをご愛用の方には、
無意識で月経血コントロールができるようになった、
という人にしばしばお目にかかります。
人間のカラダって、
本当はうまくできているんだな〜と思います。

私が思うに、
ぶぅchanさんは、
カラダをよく動かすような生活をしていませんか?
カラダの筋肉、特に骨盤周辺の筋肉が鍛えられている人は
自然と月経血コントロールができるようですよ。
現代人は、楽で快適な生活を求めすぎて、
今のカラダになっているのではないでしょうか。
  • by tipua
  • 2009/12/08 9:36 AM
昨日、友人と生理の話になりました。友人は生理不順で婦人科に通っています。そんな事から話が始まったのですが、私の生理について話たら、『そんな人居ないよ』って言われたんです。

私は、おしっこの時に月経血を一緒に排出します。ナプキンを汚す事は余りありません。睡眠時も朝トイレに行くまで排出されません。
私はそれが当たり前だと思っていました。
出血が多くて、常に大きなナプキンを使っているなんて人を不思議に思っていました。
逆に、私の月経血が少ないのか、おかしいんじゃないかと悩んだ事もあります。

そんな話をして、友人が調べてくれて、私みたいな人を『月経コントロールが出来る人』だと言う事が分かりました。
『月経コントロール』と言う言葉を初めて知りました。昔の人は皆出来たんですね。何故、現代人は出来なくなってしまったのでしょうか?
そして、何故私は無意識に出来ているのでしょうか?

自分の体について知る事が出来て良かったです。

  • by ぶぅchan
  • 2009/12/05 11:21 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL