熊本県玉名市にあるエコショップ「ちゃぶ台」さんが発行している
【ちゃぶ台通信 3月号】のスペシャル記事が布ナプ座談会。
参加者は、司会者(男性)と布ナプキン使用者5名で2/18に開催されました。
わきあいあいとした中にも、布ナプ愛用者のするどい意見もあって読み応えがあります。

一部ですが、ご紹介しますね。

☆布ナプキンを使っての感想
Cさん:私は市販の紙ナプキンで何も問題というのはなかったんですけど匂いかな?紙ナプキンだとどうしても匂いがするんですよ。だけど布だと、それが本当に血(鉄)の匂いがするんですよね。それに感動しました。
Aさん:だから「汚い」というイメージが薄れましたよね。今まで「汚物」っていうジャンルにあったんだけど。
Eさん:すごい立ち位置が変わったよね。

☆布ナプキンのお洗濯
Cさん:見えないものなんだから、そんなに気にしなくてもいいと思うんだけどな。
Bさん:許せない人がいるんですよね。
Eさん:使えば使うほど「まぁ(血液がおちるのは)こんなもんだろう」ってなるけどね。
Aさん:そこで使うのをやめちゃった人もいますね。すごい潔癖な子だったので「漂白しなきゃ」みたいな・・・。せっかく無漂白ネル生地なのにね、というようなこともありました。でもやっぱり私は汚物感がとれた、というのが一番ですね。
Cさん:前だったら、早くまりめて捨てなきゃというものだったけど、布ナプにしてからは、血液を観察したりして一種のヘルスプロモーションになりました。自分の健康具合もわかるし、どんなもの食べたかという健康チェックにもなります。

☆生理とストレス
司会:(生理が)止まったりするんですか?
Cさん:ストレスを感じる所と、生理の月経の周期を整える所というのが、同じ視床下部にあるんですね。だからストレスを受けると、生理が止まるというのは本当なんです。うれしいといった感情の波も、一種のストレスとなるので排卵前にうれしいことがあると、その月の生理が遅れるんですが、それが排卵期の後だと、その次の生理が遅れるらしいんです。
Dさん:友達で年に2回しか生理が来ない人がいて、子供も二人生んだんだけど、布ナプを使うようになって毎月来るようになりました。
Cさん:布ナプで月経周期が整ったというデータもあります。でもその理由はまだわかりません。
Aさん:自分の体と向き合えるようになって、その精神的な変化で、体が安定したんでしょうか?
Cさん:う〜ん。でも生理痛が緩和するというのは、布ナプで骨盤循環が良くなるからなんだよね。市販の紙ナプキンだと、吸収体に血液が吸収されると、冷えてしまって循環が悪くなって余計に痛むんです。

☆今後の活動
Cさん:私は初経教育の中で、布ナプキンを選択肢のひとつとして紹介できればと思っています。そのためには、まず親子教育をしたいなぁと思います。子供も小さい時から自分の体と向き合っていけば、自分の体をもっと大切に感じることができて、性意識も変わってくるかな。
Bさん:あと家庭科でもちょっと布ナプキンをぬいぬいするとか。
Cさん:あと、男性にももっと月経についての理解を深めて欲しいですね。月経前だとイライラしたり能力が落ちたりするんですが、そういう時にやさしく対応してもらえたらなぁと思います。月経があるんだから出産できるんだからと、もっと男性も積極的に関心をもって関わって欲しいです。

さらに詳しく読んで見たい方は、ちゃぶ台さんへ
tel&fax:0968-73-8081
コメント
コメントする
トラックバック
生理が5ヶ月遅れてます。妊娠はしていないのですが、病院に行って生理不順の検査したほうがいいのでしょうか。生理不順にならないようにするには、何かありますか。
  • 生理不順Q
  • 2007/04/05 3:50 PM
この記事のトラックバックURL