tipuaのオーガニックシリーズをお買い上げのお客さまはご存知のことですが、NOCラベルなるものがついています。
これは、NPO法人「日本オーガニックコットン流通機構」のメンバー企業が提供するオーガニックコットンにのみ添付されているものです。
NOCエコ加工基準というものを独自に定め、糸や布がオーガニックというだけでなく、製品にしていく段階でも環境負荷を少なくし、安全な商品作りをしているという証明です。

オーガニックコットンは、世界で収穫される総綿花量(2000万トン)のうち、わずか0.04%の8000トンという希少なコットンです。
無農薬有機栽培で育てるということは、土作りが最も重要になります。そして、いかに害虫から守るか。天敵や虫が嫌う植物を植え、なるべく除草しない。雑多な草があると生態的なバランスがとれ益虫も元気になる。
そんな努力のあと、収穫は一つ一つ手摘みされていきます。

オーガニックコットンを使うことは、私たち利用者が安心できて快適なだけでなく、その畑で働く人々の健康や、壊れつつある地球環境を守ることにもつながります。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL