私は、けっこう匂いや香りに敏感なほうだと思う。
自然の匂いは大好きだ!
雨の降りそうな時の匂い、太陽のもとで干したタオルの匂い、クチナシの香り、シナモン、鰹だし、海、コケ・・・ひなたぼっこしてきたネコの匂い。数えだしたらきりが無いほど好きなにおいはある。
でも、嫌いな匂い(臭い)もたくさんある。
タバコ、新車、生乾きの洗濯物、芳香剤、デパートの化粧品売り場はワースト5。

アメリカでは、化学物質過敏症で悩む人が1割だと毎日新聞に載っていた。
きっと、日本も増加していることでしょう。
花粉症と同じで、大量の化学物資にさらされた後は、ごくわずかな量で発症するらしい。自律神経失調症、のどや目などの粘膜の刺激症状、精神が不安定になるなどなど。
化学物質のにおいは、鼻の粘膜を通して脳の周辺系にも影響するらしい。

確かに、嫌いな臭いは不快でイライラする。それが化学物質だとさらに恐ろしいと思う。
香料の入ったトイレットペーパー・・・なぜにおいが必要なの?
微香性のパンティーライナー・・・本当にそのにおいで快適になる?
交差点での喫煙・・・タバコが嫌な人のこと考えてます?
具体的に臭うものはまだしも、無臭なのに体に蓄積されているものもたくさんあるのでしょう。

おいしい空気、もっとも贅沢なものになってきていますね。


コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL