昨日、メールでお客様から
月経期間の終わりごろの、布ナプキンのお洗濯方法についての
お問合せがありました。

このお客様にはメールでご返信をと思ったのですが、
アドレスのご入力ミスなのか、メールが戻ってきてしまいます。

そこで、同じようなことでお悩みの方もいらっしゃると思いますので
この場で、月経期間の終わりごろのお洗濯方法についてご紹介します。
(メールをお送りくださったお客様が、
これを読んでくださるといいのですが・・・)

月経期間の終わりごろの汚れは、ホントに落としにくいですね。

1)多めの水+アルカリウォッシュにつけ置きする。
2)つけ置き後、固形石けんなどを直接布ナプキンにこすりつけて、
  体温ぐらいのぬるま湯で洗う。


補足説明になりますが、
固形石けんは、弊社ではお取り扱いしておりませんが
「青ざらし」という石けんが汚れ落ちがいいです。
(200円程度で、自然派のお店でよく見かけます)
また、弊社でお取り扱いしております「まにまっく手づくり石けん」も
直接こすりつけて、もみあらいをしていただくと汚れがおちます。
まずは、お持ちの固形石けんでお試しください。
体温ぐらいのぬるま湯も、ポイント!
よごれをゆるめる効果がありますのでお試しください。

他に、オススメの洗い方がある方は、ぜひ教えてくださいね。

この写真、何だと思いますか?

これ、私は1年以上使っていたtipuaの布ナプ、クラビオンを分解したところ。
表面の汚れは、ゴシゴシできるけれど中はどうかな〜と思っていました。
ところが、中は白くて、全く汚れていません!
それに硬くもなっていません。

私は、セスキ炭酸ソーダー、つまりアルカリウォッシュを水にといて、一晩つけ置きしています。
翌朝は、表面の気になる汚れを石けん をつけて軽くこすり洗い。
絞って、赤い水がでなければOK。
その後は、洗濯機。

経血のネバッとした感じって、布の表面だけなんですね!
tipuaのボタンについてのお問合わせをいただきました。
「金属アレルギーがあるのだけれど、ボタンは大丈夫ですか?」

ニッケルフリーのボタンを使用していることは
取扱説明書にも書いていますが、
ここでもう一度ご説明します。

繊維製品の安全基準として、エコテックス・スタンダード100というものがあります。
その中でも、肌に直接触れるようなものへの安全基準をクリア―した
ボタンを使用しています。
発ガン物質や重金属を含まないということはもとより、
赤ちゃんが使用しても大丈夫というものです。

全ての人にとって100%安全であるとは言えないかもしれません。
しかし、可能な限りで最も安全であると思われるボタンを使用しています。
ご近所の中学校へ行ってきました。
養護の先生に、布ナプキンについてお話をするためです。

中学生の中にも、生理痛がひどくて授業中に保健室を訪れる生徒が多いのだとか。
中学生は、まだまだ子宮もカタダも成長途上だからその痛みの原因はいろいろあると思います。
でも、布ナプキンを使うことで生理に対して前向きになってくれたら
少しでも改善するかも。
中学生が布ナプキンを使うためには、まず家の人の理解が必要。
お洗濯のことだって、いつもは洗ってもらっている生徒がほとんど。
布ナプキンは自分で洗ってね〜、と言っても
お洗濯そのものからの挑戦からになっちゃいます。
ともかく、ナプキンの選択肢の一つとして布ナプキンを紹介したいと思ってくださいました。
少しづつ、少しづつ広がってますよ!布ナプキン!
使いやすくて、吸収力があっていい・・・とご好評をいただいております
オーガニックシリーズ【ハネ付きハンカチタイプ】を改良しました。

ハネ部分が今まで3重(ボーダー+フランネル+ボーダー)になっていました。

このハネを2重(ボーダー+フランネル)にしました。

この改良で、お洗濯後の乾燥がより速くなります。
また、ハネが薄くなることで、もたつき感も少なくなります。

貴重なオーガニックコットンを大切に使いたいとの想いから
ハネ部分のボーダー柄のでかたが2種類になりました。
ハネは、大きな生地の端の方を利用して作っています。
1枚の生地から、捨てる部分をより少なくして利用したいので
縦縞だったり横縞だったりします。

どちらの柄がお手元にお届けすることになるかは、ご指定いただけませんが
どうぞご理解ください。

これからも少しづつ、ご利用いただいている皆さまからのご意見をご参考に
よりよい布ナプキンを作っていきます。
大阪中央病院泌尿器科の福本先生は、女性のカラダについてのコラムを新聞などでよく書いていらっしゃいます。
今回は、ウェブサイトのヘルスケアで、膀胱炎をくり返すのはなぜ?というコラムを監修されています。
私も、かつて1度、膀胱炎にかかったことがあります。
冬にトイレを我慢していた日で、疲れてもいました。
その翌日から、なんだかおかしいな〜と思って受診すると膀胱炎でした。

女性は、カラダの構造上膀胱炎にかかりやすいようです。
でも、やっぱり日ごろから注意して予防することも大事。
生理用ナプキン(紙、布問わず)をこまめに取り替えて、
尿道周辺を清潔にすることも、その予防のひとつだそうです。

tipuaをお求めのお客様の中には、軽い尿漏れ、プチ漏れの方もたくさんいらっしゃいます。
おりものシートとしてもご利用の方もいらっしゃいます。
みなさん、どうぞ汚れがあまりついていなくても、ナプキンはこまめにお取替え下さいね!
特に、夏の蒸し暑い時期はご注意、ご注意。

福本先生の健康コラムはコチラです。
布ナプキン、姉妹や母娘で共有されたりしていますか?
布ナプキンのお洗濯、ご自分でされていますか?

いつも布ナプ情報を提供してくださっているウーマンケアーネットの管理人さんの8/22のブログに、嬉!布ナプユーザーのお便りがあります。
そして、さらに管理人さんのらずげさんから、重要なことを書きましたから読んでくださいね〜とご案内のメールまでいただきました。

私は、自分の使用した布ナプキンを誰かに洗ってもらうことがあるかもしれない・・・ということを想定したことがありませんでした。
でも、弱小ながらも布ナプメーカーとして企業活動している以上、これは見
をとしてはいけないことでした。
自分の布ナプキンは、自分で洗おう!
自分で洗うから自分のカラダのことがよく分かるし、自分で洗うからカラダをケアしていることにもつながるんですから。
また、感染症のことも大いに注意していかなけでばならないことです。
それと共に、病気があるなしにかかわらず、いかに布ナプキンを清潔にするか、ということには今後も様々な手段をご提案していこうと思っています。
見えない中の吸収体の部分まで水をよく通して、天日でよく乾燥させることをオススメしていますが、天日で干せない場合のことが気がかりです。
部屋干しになってしまう場合は、こんな工夫をしています・・・のようなご意見をお待ちしています!
また、布ナプキンの共有については、私はオススメできません

次回生産分の布ナプキンには、商品に添付する取り扱い説明書にも注意喚起できるような文章を添えていこうと思っています。

ウーマンケアネットのサイト内に布ナプキンの注意事項があります。
布ナプキンユーザーさんは、ぜひご一読ください。
tipuaのオーガニックシリーズをお買い上げのお客さまはご存知のことですが、NOCラベルなるものがついています。
これは、NPO法人「日本オーガニックコットン流通機構」のメンバー企業が提供するオーガニックコットンにのみ添付されているものです。
NOCエコ加工基準というものを独自に定め、糸や布がオーガニックというだけでなく、製品にしていく段階でも環境負荷を少なくし、安全な商品作りをしているという証明です。

オーガニックコットンは、世界で収穫される総綿花量(2000万トン)のうち、わずか0.04%の8000トンという希少なコットンです。
無農薬有機栽培で育てるということは、土作りが最も重要になります。そして、いかに害虫から守るか。天敵や虫が嫌う植物を植え、なるべく除草しない。雑多な草があると生態的なバランスがとれ益虫も元気になる。
そんな努力のあと、収穫は一つ一つ手摘みされていきます。

オーガニックコットンを使うことは、私たち利用者が安心できて快適なだけでなく、その畑で働く人々の健康や、壊れつつある地球環境を守ることにもつながります。


私は、けっこう匂いや香りに敏感なほうだと思う。
自然の匂いは大好きだ!
雨の降りそうな時の匂い、太陽のもとで干したタオルの匂い、クチナシの香り、シナモン、鰹だし、海、コケ・・・ひなたぼっこしてきたネコの匂い。数えだしたらきりが無いほど好きなにおいはある。
でも、嫌いな匂い(臭い)もたくさんある。
タバコ、新車、生乾きの洗濯物、芳香剤、デパートの化粧品売り場はワースト5。

アメリカでは、化学物質過敏症で悩む人が1割だと毎日新聞に載っていた。
きっと、日本も増加していることでしょう。
花粉症と同じで、大量の化学物資にさらされた後は、ごくわずかな量で発症するらしい。自律神経失調症、のどや目などの粘膜の刺激症状、精神が不安定になるなどなど。
化学物質のにおいは、鼻の粘膜を通して脳の周辺系にも影響するらしい。

確かに、嫌いな臭いは不快でイライラする。それが化学物質だとさらに恐ろしいと思う。
香料の入ったトイレットペーパー・・・なぜにおいが必要なの?
微香性のパンティーライナー・・・本当にそのにおいで快適になる?
交差点での喫煙・・・タバコが嫌な人のこと考えてます?
具体的に臭うものはまだしも、無臭なのに体に蓄積されているものもたくさんあるのでしょう。

おいしい空気、もっとも贅沢なものになってきていますね。



布ナプ情報満載のサイト、ウーマンケアネットの管理人さんらずけさんが、tipuaのハネ付きハンカチタイプのモニター報告をしてくれました。
いつも、商品開発をするさいは友人知人にモニターになってもらって意見を聞かせてもらっていすのですが、らずけさんはさすがに知識も豊富で様々なメーカーの布ナプを使われているのでとっても参考になる報告を下さいました。その一部がブログでご紹介されていますので、ぜひみなさんもご参考になさって下さい。布ナプキンで快適生理 ウーマンケアネットだいありーで、ぜひどうぞ!