久しぶりのブログです。
昨日、神戸ファッション美術館で開催中の
BOROの美学を観に行ってきました。

BOROとは、使い古してボロボロになった布のこと。
最近は、BOROとアルファベット表記されて世界の言葉になっているものです。

boro1

写真のこれは、19cのドンジャ。
青森地方で使われていた、掛布団です。
何十年も何百年も、つぎはぎして、大事に大事に使われてきたものです。

boro2

青森では、寒くて綿が育たないことに加え
江戸時代の農民は麻素材の衣類しか身に着けられなかったことから
麻を植え、育て、績み、織りって布にしてきました。
その工程で出る、短い糸なども大事に集めて、布団の中に入れました。

自分たち布になるまでのすべてを行っているから、
その大変さも実感していて、
布の貴重さも理解しているから、どんな小さなハギレでも大事にする。

こんな生活にはもどれないけれど、
布が貴重なものであることを、心のどこかに留めておきたいものです。



布ナプキンのティプア http://tipua.jp
☆ティプアの布ナプキンが買えるティプアショップ http://shop.tipua.jp
☆大阪の実店舗ファレ*ティプア http://faretipua.com

 
今日(8/29)の毎日新聞(大阪版)の企業特集(14面)に、
成城松村クリニックの松村圭子院長のインタビュー記事が掲載されていました。
興味深いので、私が大事だな〜と思う箇所をご紹介しますね。
新聞記事

外陰部周辺のことを表現する言葉が日本にはあまりなくて、
欧米やアジアでは「フェミニンゾーン」と言っているそうです。
そして、かゆみなどで悩んでいるのに、病院で相談する人も少ないと。

かゆみの原因は、以下の5つ。
ナプキンやおりものシートの長時間使用
締め付け過ぎのパンツ、下着
ボディ―せっけんやビデなどでの洗いすぎ
寝不足・過労などの日用生活の乱れ
ストレス

そして、年齢によっても悩みが変化するそうです。
思春期以前はエストロゲンの作用がほとんどないので自浄作用が弱く病原菌に感染しやすい。
だから、おしりの拭き方(前から後ろ)をきちんと教えることが大切。
思春期はおりものが多くなるが、自浄作用のひとつだから、あまり神経質にならないこと。
性成熟期は、生理前・生理中・排卵前後にトラブルが起きやすい。
更年期は、膣のうるおいが低下して乾燥しがちで、粘膜も薄くなる。
そのため、下着とこすれただけでも炎症が起きやすい。

女性なら、なるほど〜と思うことばかり!
この記事は、企業特集紙面なので、
このあとは液状の専用洗剤とかかぶれにくナプキンのおはなし。

以前から、デリケートゾーンって言葉はありましたね。
フェミニンゾーンって言葉も、しっくりこない感じもしますが、
正しく外陰部って言いにくいなら、こんな表現も知っていていいかもしれませんね。
月経って正しい言い方があるけれど、一般には生理って呼ばれているのと同じ。
正しく言いにくい背景を考えると、長〜くなってしまうので、今日はここまで。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。


布ナプキンのティプア http://tipua.jp
☆ティプアの布ナプキンが買えるティプアショップ http://shop.tipua.jp
☆大阪の実店舗ファレ*ティプア http://faretipua.com
 
今朝のNHKのTV番組「おはよう関西」で、まちライブラリーのことが紹介されました。
まちライブラリー

私は、本で人と人をつなぐという、まちライブラリーのコンセプトに共感して
初期の頃からかかわってきました。
このブログでも、ファレ*ティプアに小さな本箱があって、
まちライブラリーの活動をしているとご紹介したことが何度かあります。

まちライブラリーが面白いのは、その自由度。
本がネタなら、好きな企画をしてもいい!

私が仲間たちと企画しているのは、だいたい満月の夜に開催しています。
テーマの本を持ち寄って、その本につて各自が紹介し、
集まったみんなで実際に借りて帰って、じっくり本を楽しみます。
そんな会を昨年の4月にはじめました。
企画者も参加者も、ゆるやかな繋がりが楽しくて充実した時間を過ごしています。

そして、今回取材してくれたのは、
もりもみやに誕生した、まちライブラリーで、
だいたい新月の日に開催していこうという新企画。

まちライブラリー2

一緒に企画している仲間たちは、
本ではなくて、その本を持ってきてくれる人との係わりを大切にしたいと思っています。
それは、その仲間たちが
丁寧なものつくりを仕事にしているからこそ生まれた発想。
私も、布ナプキンを通じて、
さらには布ナプキンに関するワークショップを通じて、学んだことが大きく影響しています。

今回の取材では、そこに共感してくれて丁寧にインタビューをしてくれました。
たった5分の番組ですが、何時間も撮影して準備をしてくれました。

でもやっぱり、
5分なんかじゃあ、全然伝えたいことが伝わらりきらない!

TVをはじめ、マスコミが加工・編集するって、
大切なことのほんの少ししか紹介されないと、つくづく実感しました。
マスコミの情報を見るときは、その点をよくよく考えなくては!


布ナプキンのティプア http://tipua.jp
☆ティプアの布ナプキンが買えるティプアショップ http://shop.tipua.jp
☆大阪の実店舗ファレ*ティプア http://faretipua.com





 
靴って、履き心地がよくって、デザインも気に入るものを見つけるのが
なかなか難しくて、
結局、持っている5足ぐらいの靴を、繰り返し繰り返し履いている。

春に、通りかかった靴屋さんで、布製で軽量な靴を見つけ、
しかも現品限りのセールになっていたから
これからのムレやすい季節にいいだとうと購入。

ところが、前から履いている皮の靴よりムレる。
何でかな〜?と、思っていた。

先日、お気に入りのブランドを取り扱っているお店を覗いた。
パープルのサンダルがかわいくって、思わず買うことに。

くつ

そして、お店の人とあれこれおしゃべりして、ムレる靴がわかった!

このブランドは、皮もソールもすべて天然素材。
だから、サンダルだけでなく足全体を覆う靴でもムレない。

布の靴や、大量生産で価格を抑えているものは、
ソールの中に天然素材以外のものを使っていることが多いから
それが原因でムレるらしい。

これって、ナプキンと同じ!!
足のムレも、デリケートゾーンのムレも、どっちも不快。
そして、素材が原因ってこと。


布ナプキンのティプア http://tipua.jp
☆ティプアの布ナプキンが買えるティプアショップ http://shop.tipua.jp
☆大阪の実店舗ファレ*ティプア http://faretipua.com


 

今朝のNHKの『あさイチ』で寒さ&乾燥に負けない!冬の快眠術
というのを放送していました。

その中の「寝具・寝巻選び」を見ていて、
生理用品も全く同じなんじゃあないかな〜と思いました。
使い捨ての多くの製品は化繊と同じような素材。
しかも、漏れを防止するための加工が施されています。
そりゃあ、生理用品だから漏れないように作るのが前提ですよね。

でも、寝具や寝巻に化繊の素材を使うと、蒸れて快眠を阻害するってことは、
生理中のデリケートゾーンを考えると、
とってもムレムレで不快なはず。

寝具も、身体に近いところは綿や羽毛にして、
マイクロファイバー(化繊)を外にすると温かく過ごせるとも。

布ナプを使った人の多くが、温かいって言ってくれるのは
この寝具と同じことなんだろうな〜。

防水シートなしの布ナプキンを使う時に漏れが不安な場合は、
薄型の使い捨ての生理用品を下着につけて、
その上に(肌にあたる部分)布ナプキンを使えば、
快的さと安心感はUPするね!

寝具と寝巻の放送で、布ナプを思ってしまうって、
職業病ですね(笑)。



布ナプキンのティプア http://tipua.jp
☆ティプアの布ナプキンが買えるティプアショップ http://shop.tipua.jp
☆大阪の実店舗ファレ*ティプア http://faretipua.com
 
 
久しぶりに、布ナプキン以外のことを書きます。

昨日、朗読劇を聴きいて(いや、観に かな)きました。
満月動物園さんによる「反孤立のレッスン」というタイトルで、
犯罪加害者の家族を取材して書かれた、鈴木伸元さんの『加害者家族』が朗読されました。
詳しい内容は、コチラにご紹介があります。

朗読って物語を題材にすることが多いようなのですが、
こんな本を読むことは、役者さんたちにとっても挑戦的な試み。
しかも、テーマも重い。
どうしたら、伝わるかを随分考えて声にされていたようです。
もちろん、雰囲気や光による表現も綿密に考えられていました。

テレビやネットをはじめ、目からの情報を得ることが多くなっている現代。
あえて耳だけで聴くということで、考えが研ぎ澄まされるように思います。

私は、高校時代に放送部だったことや
ボランティアで、目の不自由な人への対面朗読をしていたこともあって
朗読にはとっても興味をもっていました。
朗読の世界って、
聴かせてもらうのも、自分で声に出すのも、本当に奥が深いと思います。

ファレ*ティプアでも、月に1度、
朗読家の甲斐祐子さんによる朗読のワークショップを開催しています。
1回だけのご参加でも、朗読の楽しさを実感できるワークショップです。
基本的には毎月第四水曜日の19:00〜20:30。
1月は、28日の予定です。
詳しいご案内やお申込は、コチラ
お気軽に!



布ナプキンのティプア http://tipua.jp
☆ティプアの布ナプキンが買えるティプアショップ http://shop.tipua.jp
☆大阪の実店舗ファレ*ティプア http://faretipua.com


 
マスク布ナプ
昨日、こんな柄の布ナプキンをつくりました。
覆面レスラーのマスク柄です。
私は、まったくの門外漢なのですが、メキシコのレスラーには
こんなマスクを使用する人が多いそうです。

この布、ファレ*ティプアで販売しているシャツにお仕立てしようと思って
購入したものです。
ファレ*ティプアでお仕立てしているシャツやワンピースは
1〜2着づつしかつくらないので、生地も3mほど仕入れただけです。

ところが、意外なことに、女性がこの生地に反応してくださいます。
そして「布ナプつくって!」と。
まさかな〜と思っていたのですが、本気。

ということで、2個だけつくりました。
ご注文主は、雑貨屋おおきな木さんのはなちゃん。
先日、谷町・空堀から住吉大社のお近くの粉浜にお引っ越しされました。
1個は、お引っ越しのお祝いに。
もう1個は、店頭での販売用として納品いたしました。
ど〜しても欲しい!という方は、
雑貨屋おおきな木さんへお問合わせください。


布ナプキンのティプア http://tipua.jp
☆ティプアの布ナプキンが買えるティプアショップ http://shop.tipua.jp
☆大阪の実店舗ファレ*ティプア http://faretipua.com

これまでも、ティプアの布ナプキンを製造時にでるはぎれで
ハタキやくりみボタンをつくったりしました。
そ〜いえば、3年ぐらい前にはお魚の形の大きめマットも作ったな〜。

今回は、布を細めに切って、ま〜るく織ってみました。
ま〜るい裏生地をつけて、間に薄い綿を入れました。
ファレ*ティプアの木のスツールのサイズにぴったり。

ただ今、ファレ*ティプアでは、
ファレ*ティプア コレクション展を開催しています。
どうぞ、お気軽にお立ち寄りくださいね。

布ナプキンのティプア http://tipua.jp
☆ティプアの布ナプキンが買えるティプアショップ http://shop.tipua.jp
☆大阪の実店舗ファレ*ティプア http://faretipua.com
 

 
2月中、ファレ*ティプアではシャツが楽しいというイベントを開催しています。
フランネルの白いシャツに、ボタンやポケットをデコって
オリジナルのシャツをつくろうという企画です。

私が想像していた以上に、ご参加のみなさん凝ってます!

なかでも、ボタンつくりが楽しい!


ティプアの布ナプキンや、
ファレ*ティプアで販売中のシャツやワンピースのハギレを切り抜いて、
くるみボタンに仕上げてます。
手芸店で売っている、カチッとはめるだけのキットを使うのですが、
切り取る生地の柄によって、いろいろなボタンになります。



あ〜でもない、こ〜でもないと考えていると
このボタンを5つ作るだけで、1〜2時間もかかっちゃう。
でも、みなさん、楽しくってしかたがないっ!と。

このシャツのイベントは、2月いっぱいです。
平日もご連絡いただければ、ご対応していますので
作ってみたい!という方は、ご連絡ください。

それにしても、あまりにも楽しいので、
また第二弾、第三弾を企画したいと思っています。


 ☆ 布ナプキンのティプアのサイト http://tipua.jp
  ☆ ティプアの布ナプキンが買えるサイト http://shop.tipua.jp/ 

 ☆ 実店舗 ファレ*ティプアのサイト http://faretipua.com

 


ホワイトリボンキャンペーン・KANSAIって、ご存知?

私は、昨日開催されたシンポジウムに映像記録で参加しました。

ホワイトリボンキャンペーンは、
女性への暴力をなくすために、男性が主体となっておこなっている運動です。
日本では、女性の約3人に1人が、配偶者から被害を受けたことがあるそうです。

DV関係のシンポジウムや団体って、ほとんどが、女性主体。

ところが、昨日のシンポジウムの参加者の半数近くが男性。
後半のパネルディスカッションも、パネラー4名のうち3名が男性でした。

なかでも、NPOファザーリングジャパンの安藤哲也さんのおはなしは興味深かったです。
育メンなんて言葉がありますが、
働く男性が育児に関わるって、本当に難しくって
自分の子どもとのコミュニケーション方法がわからず、苦しむパパたち。
そんなパパたちの語りあえる場の様子も報告にあって、
暮らしの中のゆとりって大事だな〜とつくづく思いました。

地位や知識量で威圧的にならず、耳を傾けて、きちんと話し合うこと、大事ですね。

ただ今、ホワイトリボンキャンペーン・KANSAIでは、
賛同署名をウェブ上で集めています。
詳しくは、コチラ
ぜひ、チェックしてみてください。


 ☆ 布ナプキンのティプアのサイト http://tipua.jp
 ☆ ティプアの布ナプキンが買えるサイト http://shop.tipua.jp/